美容脱毛の資格について

光脱毛やレーザー脱毛などサロンでやるのと変わらないような脱毛器具はお店で普通に購入することができ、素人でも使うことができます。

お店で美容脱毛としてお客さんに施術をおこなう場合にも、美容師などのようにそのための国家資格というのは存在しません。
日本エステティック業協会や国際エステティック連盟など民間の協会や連盟が認める認定資格というものはありますが、こうした資格をきちんと持っているかどうか確認した上で美容サロン選びをおこなうようにしましょう。

素人でもそれなりに施術はできますが、やはりきちんと勉強し、経験を積んでいるエステティシャンかどうかによってその仕上がりは違います。



また、何らかの肌トラブルが起きたときにそれに対処できるかどうかも違ってきます。

国家資格がない以上、誰でもエステサロンを開くことはできます。


ですが、客商売である以上、きちんとした知識や技術力を持った一定レベル以上のエステティシャンをそろえる必要はあり、民間資格を持っていることは必須といえるでしょう。

資格を有していないということはお客様に対して満足がいく施術をしようという姿勢が不足していると受け止めてもよいでしょう。



クリニックと違って出力が低い機械を使っているとはいえ、特にお肌が弱い方の場合、サロン選びには注意しましょう。


中には資格を維持していくために定期的に研修を受ける必要があるものもあり、そういった資格を取得しているということは高い専門性や技術力を維持できていると見てよいでしょう。